トップバナー
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
金沢建築訪問vol.1 17:37
 2010年12月11日(土)に開催された
「金沢建築訪問vol.1」に行ってきました。

DM

これは、著名な建築関係者をエスコート役に迎え、
金沢の近代建築や町家・茶室を訪問し、普段見られない内部まで見学する企画です。

今回は建築史・建築批評家の五十嵐太郎氏をエスコート役に、
北國銀行武蔵ヶ辻支店/中島商店(村野藤吾設計)と中村卓夫家およびアトリエ(内藤廣設計)を見学してきました。


金沢アートグミ内に集合し、簡単な自己紹介の後、
集合場所である金沢アートグミも含む、ここ北國銀行武蔵が辻支店を見学していきます。

artgummi

北國銀行武蔵ヶ辻支店は、日本を代表する建築家、村野藤吾氏(1891−1984)の現存する数少ない初期の作品であり、昭和7年に北國銀行の前身である加能合同銀行の本店として建築され、昭和18年の3行合併による北國銀行の設立時から昭和33年までの間、本店として利用していた建物です。武蔵ヶ辻第四地区市街地再開発事業に伴い、全面改装を行い、2009年4月13日(月)に移転オープンしました。


銀行として利用されているので、私も含め地元の人にとっては見慣れた建物ではあると思いますが、
建物の歴史やデザインポイントを聞きながら見てみると、今まで気づかなかった建物の魅力に気づかされることも多く、大変興味深かったです。

1

建物のデザインには、当時の建築主が藩政期から北前船問屋を営む加賀の資産家だったために
船の形や波の形が建物のデザインの随所に取り入れられているそうです。
建物の正面から見える印象的なアーチ型の窓は船の形が元だったんですね。
その他、暖房機の通気口の蓋の細かな模様や窓の格子が波形であったり、建物のいろいろな場所に建築家のこだわりが見えて、
建物を見学しながらちょっとした宝探しの気分が味わえました。


次の建物に移動する間に天候が悪くなってしまい、雨をなるべく避けるため近江町のアーケードを通り移動開始。
アーケードは人通りが多いため、集団移動は一苦労。こんな時クリツーの旗が目印として大変役に立ちます。
あってよかったクリツー旗。みなさんもご参加の際は迷子にお気をつけて。

傘が足りないトラブルなどもありましたが、なんとか次の目的地中島商店へ。

nakasima

中島商店の三代目当主が加能合同銀行(現 北國銀行武蔵ヶ辻支店)の計画図面を目にして惚れ込んだ村野藤吾に依頼し、1932年の4月と7月に相次いで竣工。双方とも茶色のレンガタイルの外装ですが、前者は左右対称、後者は大きくシンメトリーを崩し隣りの町家と背後の蔵を繋ぐ構成。中島商店の内装は村野の初期作品の中で最もよく保存され、現在も大切に使用されています。

4

大まかな建物の説明を聞いたあと、建物内の見学へ。
1階は事務所や小さな応接室などがあり、応接室は小さいながらも天井が高く作られ、圧迫感なく過ごせるようになっています。


5

そのまま靴を脱ぎ、2階の応接室へ。2部屋ある応接室はどちらも廊下に面した壁が模様ガラスになっていて中は見えませんが採光性が高く明るい室内。窓の周りにあしらわれた幾何学模様や、暖房器具などが部屋の雰囲気を壊さないように壁に埋め込まれたようなデザインなど、村野氏のこだわりが光る素敵な空間でした。また村野氏は建築物だけでなく、家具のデザインもされており、テーブルなどのモダンなデザインにも参加者のみなさん興味津々の様子でした。

6

応接室のあとは建物のバックヤードを見学。
吹き抜けの階段から見える、格子状のアーチ型の大きなガラス窓は部分ごとに薄く紫の色がついており、
そこから注がれる光が打ちっ放しのコンクリートの空間とあいまって、神秘的な印象を与えます。
またこのデザインは地下室の天井隅付近にも施されており、表にまわると建物前の地面にある、デザインタイルのような部分がそれとわかりました。
細かなところにデザインの演出センスが光っていて心憎いです。


次は尾張町にある中村卓夫邸及びアトリエ(内藤廣設計)へ。

7

ここは浅野川と藩政期からの商業地尾張町の間の閑静な住宅街に建てられた1996年竣工の住宅兼アトリエ。復元保存したベンガラ漆喰のホールのような座敷と庭の五葉松の古木がこの建築群の中心です。それを挟んで両脇を固める3階建てのRC・鉄骨混構造の建物が金沢の古い町並みに溶け込みながら現代的な構成を見せています。

まずは中心のお座敷から見学。

入り口に入るとまず目に入るのは、広々とした空間に置かれた、中村卓夫氏のお兄さん、中村錦平氏の作品達。
モダンで斬新な作品群がベンガラ色の漆喰と絶妙なコントラストを作り、この空間をより際だたせていました。
そのまま続いている座敷にあがると一面のガラス戸の向こうから立派な五葉松が見えて、
部屋全体が額縁となり、一つの絵画作品を見ているようでした。

座敷の中では、中村卓夫氏と五十嵐太郎氏のかけあいで施工までの経緯やデザインの特徴などを伺います。

革新的なデザインの建築物にしたいという思いと、自分の作る作品と伝統的な元の家との兼ね合いから、建築家を選ぶときは難航したそうです。

様々な有名建築家にオファーを出したそうですが、どの建築家も始めに更地にする案ばかり出してくる中、
唯一古いモノはあえて残した上で新しいデザインを提案してきたのが内藤廣氏だったそう。

自身が本当に納得する家を建てるには、やはりふさわしい建築家との出会いが大事なのだなと思いました。



お座敷内は、襖戸の取手部分が陶器で作られていて、白鷺だったり、内側は「福」で外側は「鬼」という文字があしらってあったりと、
和でありつつも遊び心のあるデザインになっていました。

8


次に座敷を囲むように建っている、RC・鉄骨混構造の建物を見学。


さきほどまでの和の空間とは違い、一挙に現代的でシンプルな空間になります。

1階はギャラリースペースになっていて卓夫氏の作品が整然とした空間に贅沢に展示されています。
伝統的でありつつも斬新な卓夫氏の作品が、この無機的な空間と絶妙な融合を見せていて、その違和感のなさに驚かされます。

9

2階はダイニングになっています。
3階まで吹き抜けた空間は開放感があって、実際の間取りよりも広く感じられます。
大きな窓を覆う引き戸は、奉書紙を墨で染めたもだそうで、
染めた時にできる色むらが、外光をより柔らかな濃淡で、
繊細に美しく見せてくれるところが気に入っているそうです。

10

3階はギャラリー兼、ちょっとした休憩スペース。
中心に置かれた低いテーブルを囲むように、氏の作品が置かれています。
卓夫氏の作品と、奥様の煎れてくださったおいしいお茶とともに、
今度はこちらの現代的な建築物についてお伺いします。

11

今では作品と空間が絶妙に響きあうこの空間ですが、
作品が家に馴染んできたのは住み始めて5.6年たったころからだそうです。
「根拠のない空間を与えられると、始めは歯ブラシをどこにおくかもわからない」とは氏の名言。(笑)
すべてが無機的な空間であるため、それぞれの部屋に用途をふりわけるのも一苦労だったようです。
しかし長く住んでいると自然と定位置ができてくるそうで、
ダイニングやギャラリーなど今では当たり前のようにその場所に落ち着いています。

そして暮らしが馴染んだ頃には、
その空間の持つ緊張感が逆に刺激となって卓夫氏の新たな作品を生み出す土台に。

人それぞれの家に求めるものがあるものがありますが、
この家は卓夫氏が求める家観でできているそう。
自分にはこの適度な緊張感が必要だったと氏はおっしゃっていました。


12

最後に地下にある卓夫氏の作業場を見学して、その場を後にすることに。

優れた建築からまた新たなすぐれた陶芸作品が生まれる。
建築家と施主の理想的な形をみせてもらったような気がして、
とても充実した時間でした。


最後に簡単な座談会を兼ねて主計町にある町屋「土家」へ、


13

鮮やかなうぐいす色の壁に彩られた内部は伝統的なお茶家さんの雰囲気で落ち着きます。
家主おすすめのトイレの内戸にある波千鳥の模様を螺鈿や胡粉で彩った装飾は
伝統的でありながら若い女の子にも受けそうなかわいらしさを醸し出していたり、
コンパクトでありながらもいろいろ楽しめる空間になっています。

この建物は、浅野川の反乱で床上浸水して空き屋となっていたお茶家をリノベーションしたもので、
どのような風に使うかはまだ検討中だそうです。
今後の活用に期待大ですね。

おいしいお茶とお菓子をいただいてほっこり。
少しの歓談のあと解散の途につきました。



今回の建築訪問は外国人のお客様も3名ほどご参加頂き、なかなかインターナショナル。
また、スタッフ含め参加者の中にも建築関係者やアート関係者、記者さん、学生さんや、学校の先生、金沢をもっと知りたいといった動機の方、様々な方が集まり、普段なかなか出会えないような方と交流する機会もあったのではないでしょうか。


次回の企画は1月下旬のアトリエ訪問です。
詳細はまた後日発表になりますが、前回以上にパワーアップした内容でお届けする予定です。
お楽しみに!

| - | comments(2) | trackbacks(0) | posted by cretou - -
金沢アトリエ訪問vol.1 10:18
 2010年11月21日(日)に開催された
「金沢アトリエ訪問vol.1」に行ってきました。

DM
これはその名のごとく、金沢で制作するアーティストのアトリエを
見せて貰いながら色々お話を伺う企画。
第一回目は金沢21世紀美術館館長をエスコート役に、
金沢在住のアーティスト山本基さんと牛島孝さんのアトリエに
お邪魔してきました。

冬にさしかかった金沢では珍しい程に
気持ちのよい晴れの日!まさに訪問日和です。
金沢アートグミに集合して、簡単な挨拶ののち出発。


まずは大野にある山本基さんのアトリエから。
山本さんは国際的に活躍されている現代美術作家で、
塩を使ったインスタレーション作品で知られています。
金沢21世紀美術館や金沢アートグミのオープニング展でご覧になった方も
多いのではないでしょうか。


海沿いにあるアトリエは10畳ほどのスペース。
昔さつまいもの倉庫だった建物で、制作を行うのに不備がないよう
色々相談しながら直したそう。
アトリエ内には材料、次の展示の会場図面、試作段階のオブジェ、工具、
構想メモなどが並び、性格が表れるのか、綺麗に整頓されて並んでいます。




山本さんからは、今までの活動については勿論、最近制作している
「渦巻き」のフォルムをした作品シリーズの話や、鉛筆で描いたドローイング、
次に展示を行うフランスのトゥールーズと箱根での展示のことについてもお話を伺いました。

秋元館長からは「彼の作品は非常に緻密な仕事なんだけれど、
出来たものに大きなイメージが結びついて広がっていく面白さがある」という一言も。



そして次は大桑方面にある牛島考さんのアトリエへ。
自宅兼アトリエ、ということで住宅街の中にひっそりとアトリエはありました。


牛島さんは金沢で制作を行いながら東京や海外で
発表活動をされている日本画家。「間」を感じさせる、
静謐な空気感のある作品が印象的です。


1階のアトリエの壁には、制作中の作品が並んでいる他、
押入れや引き出しから沢山の作品を出してもらい
実際に見せて頂きながらお話を伺いました。

制作方法や制作スタイル、日本画についてや
小学校からのドローイングがきちんとファイリングされていること(!)など
展覧会では聞けない・見れない・気付かない
牛島さんの側面を垣間見れた気がしました。




また、「絵の具が垂れていたり滲んでいたりするのはなぜ?」
「なぜ金沢で制作をしているの?」等といった参加者からの質問があったり
部屋に置いてあった本から会話が生まれたりと、
作家のプライベート空間にお邪魔する、クリツーならではの
やり取りもあったのではないでしょうか。



今回のアトリエ訪問には県内を中心に、
県外(東京や静岡、富山)の方にもご参加頂きました。
少人数でアトリエを回ったことで、対作家だけでなくアトリエ内や
移動中の車の中で、参加された方同士の交流があったことや
一般のアートファンが金沢21世紀美術館の館長とアートについてお話出来たことも
なかなか他ではない魅力なのではと感じました。

次の企画は12月11日(土)の「金沢建築訪問vol.1」です。
建築評論家の五十嵐太郎氏と金沢の建築を訪ね、普段はなかなか見られない
建物の内部なども見学します。訪問先は北國銀行武蔵ヶ辻支店/
中島商店(村野藤吾設計)と中村卓夫家住宅及びアトリエ(内藤廣設計)の2つ。
ちょっとアダルトに参加費5000円ですが、皆さんのご参加をお待ちしております。
詳細はこちら→http://tour.artgummi.com/
| - | comments(1) | trackbacks(0) | posted by cretou - -
オープンスタジオデー 18:51
2010年10月16日、17日の二日間開催された
クリエイティブツーリズムの企画、オープンスタジオデーで
アーティストのアトリエにお邪魔してきました。

今回の参加作家は
阿部乳坊、岩本清商店、菊谷達史、コフネコトモ子、長原めぐみ、
藤原絵里佳、マーガレット・ウィブマー、村住知也、山下きよみ
以上9名です。


今回は参加されているアーティストのうち6件を回ることが出来ました。
時間の関係で全部まわりきれなかったのは残念です。

広さや内装は人それぞれ違いましたが、
どのアトリエでも作品を生み出している現場のリアリティを感じることができました。
ガラクタの山や作家が普段使っている道具、未完成の作品の数々…
普段は見ることが出来ない創作活動の裏側を覗き見ることができて、
作品をみるときとはまた違う楽しさがありました。



では、回ったアトリエを順番に紹介していきたいと思います。


まずは村住知也さんのアトリエから。


ご自宅の2階の一部屋を使っているようです。
玄関から階段を上ってアトリエに着くまでの壁面には
他のアーティストの作品がたくさん飾られていました。
アトリエの棚の上にはたくさんのガラクタがあったのですが、
これがインスピレーションをくれたり作品の材料になったりするそうです。
村住さんからは、今回のように作家のアトリエを訪れるような企画は
習慣的にやった方がいいという意見、美大卒業後の活動で苦労したエピソードなど
沢山お話を伺いました。
こうして実際にアーティストの方とお話をできるのも
アトリエに訪問する魅力のひとつですね。


さて村住さんのアトリエを出たその次は、金沢美大にて、
コフネコトモコさん、菊谷達史さん、阿部乳坊さんの順番で
3方のアトリエを訪問しました。
同じ大学内とはいえど、アトリエの場所も大きさも使い方も
全く違っていて面白かったです。



コフネコトモコさんのアトリエは教室を半分に仕切ったスペースで、
普段は写真・映像編集などデスクワークが多いということで、
特に机付近にコフネコワールドが広がっています。
先月金沢アートグミで開かれていたコフネコトモコ展で見かけた絵画や藁、人形などが
アトリエに飾って(置いて)あるのを発見しました。
また、小さな試着室のようなものもあったり、机の棚には民俗学の本が結構ありました。
コフネコさんがパフォーマンスをする際に肌に貼るシールについて
少し話を伺ったのですが、あれは普通のインクジェットプリンターで
出力しているそうです。特殊なプリンターを使っているのだと思っていたので、
聞いた時は少し親近感が沸きました。




菊谷さんのアトリエは学内の通路を布で仕切ってあるスペースです。
アトリエの外には、中に納まりきらない絵画がいくつか並んでいました。
またアトリエの中にも大きなキャンバスが壁に立てかけられており、
床には絵具や筆が転がっていて、まさに作業中といった感じです。

菊谷さんの描かれる特徴的な人物の表情について伺ったところ
特徴が表れやすい目や眉毛を簡略化することで人物の匿名性を上げて
誰にでも置きかえられるようにするという目的があるそうです。
また、菊谷さんは最近水彩もすこし描かれるそうです。
試行錯誤して作品を作っているのだと伺いました。




阿部さんのアトリエは天井が高くて広い部屋が2つに仕切られていて、
小さく区切られた空間が作業スペースになっていました。
壁にデッサンがかけられていて、実際に彫刻されたものと見比べるのが面白かったです。
仕切られた大きなほうの空間には、製作途中の大きな作品が展示されていました。
阿部さんの特徴的な細いラインの彫刻についてお話を伺ったところ、
木の持つ“軽くて丈夫”という性質があるからここまで細く彫ることが
出来るのだと伺いました。
でもたまに細くしすぎて失敗してしまうこともあるそうです。

また、阿部さんいわく、彫刻には阿部さん自身のスタイルが出てしまうらしく、
人の形をしててもしていなくても、自分が表れているので”自刻像”なのだそうです。



さて、美大を出たあとは、陶芸の藤原絵里佳さんのアトリエにお邪魔しました。
アトリエは、村住さんと同様に自宅です。藤原さんはほんわりとしたお姉さんで、
作風と結構ギャップがありました。
アトリエの部屋は床に板が敷かれていて、土足入るようになっています。



藤原さんには製作中の作品を使って作業工程を親切に説明して頂きました。
私は土の事はよく知らなかったのですが、基本的な事を色々教えて頂きました。
棚には、まだ焼いていないものや、焼いている途中のものなど、それぞれ
違う工程のものがあって、どういう風に作品ができていくのかが
とてもわかりやすかったです。
また、自宅には普段の藤原さんの作風とは違った可愛らしい入れ物があったりと、
新しい発見もありました。
藤原さんの作品といえば味のある黒が特徴的ですが、あれは外側に枠をかぶせて、
そのなかに作品をもみ殻と一緒に入れて蒸し焼きにするそうです。
そういう一味違う過程を経てあの独特の色が出るのですね。面白いお話を聞きました。



そして最後にまわったのは長原めぐみさんのアトリエです。
長原さんの家は、友人3人で暮らしていて、時々カフェもやっているそうです。
家は隅々まで改装されていてカラフルでポップな内装でした。



上がアトリエの写真ですが、アトリエだけでなく家全体が
見ていてとてもおもしろかったです。

部屋ごとに雰囲気がちがった空間が広がっていて、純粋に楽しんでいたら、
夢中になりすぎてレポートをかくという役目を忘れていました。ごめんなさい。
なので報告できることがないのですが、本当に素敵なお家なので
是非カフェの開いているときに覗いてみてください。


長原さんのアトリエを一通り見学して、時間も迫ってきたので、そこで帰路につきました。
お昼過ぎから車で回ったので、もう少し早めに出ていたら全部回れたのかなと思うと残念です。
徒歩や自転車だと1日で全てまわるのは難しいと思います。
また、今回は道に迷わないで辿り着くことが出来たのですが、
少し迷った人もいるそうなので次はもっとわかりやすい地図を作成出来たら良いなと思いました。




さて、クリエイティブツーリズム、次の企画は11月21日の「金沢アトリエ訪問vol.1」です。
こちらは今回のオープンスタジオとは違って、団体でアトリエに行くツアー形式の企画です。
vol.1では、21美館長の秋元雄史さんのエスコートで、山本基さん、牛島孝さんのアトリエに訪問します。
定員が決まっていて、要申し込みです。詳しくはサイトもしくはフライヤーをご覧ください。
金沢アトリエ訪問vol.1。おたのしみに!
| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by cretou - -
<< | 2/2 |